「主婦が自宅で【最短で稼ぐ】方法があったら知りたいですか?

シリコンスチーマーとは何?便利だとはいうけどどういうもの?

ずっと前から話題で、テレビでも特集が組まれていたこともある
人気の「シリコンスチーマー」

スポンサードリンク

私も家にいくつもあって毎日のように使っているけれど
「シリコンスチーマーって改めて考えてみるとなんだろう」と
思い調べてみました♪

この記事では
これからシリコンスチーマーを使う、今使っているという方も
より便利に使うための内容をお伝えしていきます!

シリコンスチーマーとは

電子レンジで加熱調理の時に使うシリコン製の容器のこと
少ない水分で素材を柔らかく料理することができ、蒸し料理が出来る。

レンジの他に、オーブンでも使うことが出来るので
グラタンやお菓子なども作れるので料理の幅が広がる。

普通に素材を柔らかくする時間よりも短時間ですむので
料理の時短に一役かっている調理グッズ。

とのこと。なるほど!
普段便利に使ってはいるけれど
改めてみると、すごいいいグッズ!


シリコンスチーマーのメリット

短時間で調理ができる
オーブンも使えるものもある
値段が手ごろ
むらなく加熱できる
壊れにくい
加熱しても本体が暑くならない
色が豊富で見た目がかわいい
そのままテーブルに出せる
食洗器で洗える
いろいろなタイプがある

シリコンスチーマーのデメリット

ニオイが容器に移りやすい、本体の臭いも気になる
容器が柔らかすぎ、片手で持てない、洗いにくい、油がとれない
レンジ内が上記で充満する
加熱時に吹きこぼれることがある
味が美味しくない
臭いが移りやすい
ぬめりが気になる
水滴が気になる
大きいものだとしまう場所に困る


シリコンスチーマーの使い方のポイント

固いもの(根菜など)の調理は、必ず水を入れる

じゃがいもや、蓮根などの根菜を調理するときは
必ず水を大さじ1~2程度入れましょう。

でないと、素材の水分が失われすぎて
パサパサになったり、真ん中が焦げてしまったりします。

調味料をいれて、料理する場合は
水分があるのでそういう場合は大丈夫です(*^-^*)

レシピ通りのワット数と時間でやってみる

お家によってレンジが違いますが

基本は500Wか600Wでの調理法が多いので

お家のレンジをそのワット数に設定して
時間をまずはレシピ通りにやってみるといいですね。

それで、うちはもう少し短いほうがいいとか
長めでも大丈夫かなと判断できるので。

スポンサードリンク


なるべく素材を重ねないようにする

特に温野菜を作るときは、重ねないで並べたほうが
均一に火が通ります。重なってしまうとどうしもムラができるので
重なってしまう場合は、途中でひっくり返したり、
混ぜたりするといいでしょう。


毎日でも使いたい♪シリコンスチーマーの選び方

大量の水もいらない、火も使わない、短時間で出来るなど
いいことだらけのシリコンスチーマー。

じゃあいったいどうやって選んだらいいの?ということで
選び方をお伝えします。

ご家庭によって使いやすいものは違いますから
一概にはコレ!とはいえませんが
選ぶときのポイントをピックアップしました。


シリコンスチーマーの選び方のポイント

フタが取り外しできると便利

同じシリコンスチーマーでもフタと一体型になっているタイプも
あれば、鍋のようなタイプもあったり、様々な種類があります。

その中でも蓋が取れるタイプだと、普段使っている鍋のように
使えて便利です。

スチーマーごと、食卓に出す時でも
蓋が外せれば場所を取らずにすみますし、より華やかになります。

スチームトレイ付きもチェック!

シリコンスチーマーは基本蒸し料理なので
温野菜などをすると底に水分がたまります。

その後、その水分をとってそのスチーマーで料理を
する場合も多いので

スチームトレイがあると便利です。

余分な水分がトレイの下に出るので
素材が水っぽくならないのがポイント。
ふっくら、ほくほくと仕上がります。


豊富なデザインも見逃せないポイント

今やシリコンスチーマーというと、
ルクエを始め、ほんとうにいろいろなデザインのものが
たっくさんあるので迷いますよね。

その中で使ってみたいなあと思うものを使ってみると
いいと思います。

お皿と同じで、自分が使ってみたいと思わないと
結局使わなくなってしまいますし、お金も無駄になってしまいます。

なら、最初からほしいと思うものを
じっくり選んで買ったほうがいいですよね。

どんなタイプのものがあるかは
次でご紹介していますので、
ご自分が使ってみたい♪と思うものを検討してみてくださいね。

初めてシリコンスチーマーを使う人は

はじめて使うという人は、100均アイテムで試してみるのも
いいと思います。

気軽に始められて、使っていく中で
自分はもっと大きいものが使いやすいとか

色はもっと明るいものがいいとか
だんだん分かってきますから♪

我が家では、雑誌の付録についていた
赤い、鍋タイプの折り畳み式のシリコンスチーマーを
ずっと使っています。

大きさは直径25センチくらいで
かぼちゃを煮たり、魚を蒸したりと
ほぼ毎食のように使っているので、

これがない生活は考えられないくらいです。

実家の母も100均で買ったシリコンスチーマーを愛用していますが
その使い方は

ベジファーストで毎食食事の前にキャベツを食べるのですが
生だとどうしても身体が冷えてしまうみたいで

父と二人分の千切りキャベツが入る分だけの
手のひらに乗るくらいの大きさのシリコンスチーマーを使っています。

毎食のことなので、それくらいの大きさのものが
一番だと言ってました。

ほとんど余ることはないですが
使い終わったら次の分を入れて、冷蔵庫にいれておけば

次はレンジでチンするだけですぐ食べられるので
とても重宝しているようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*