「主婦が自宅で【最短で稼ぐ】方法があったら知りたいですか?

ミートテンダーは100均にも売ってるの?ニトリのものとの違いは?

お肉の筋切りって、どうしていますか?

スポンサードリンク

私はいつも包丁の背でお肉をガンガン叩いています。

でもこれって、お肉に包丁の背のあとがついてみすぼらしい感じになってしまうんですよね……。

包丁にも肉の脂肪がべったりついてしまうし、子どもがびっくりして見に来るくらい音もうるさいです。

何かもっとスマートに、きれいに、筋切りをする方法はないのでしょうか?

そう思ってネットを検索していて見つけたのが、『ミートテンダー』です。

話題のミートテンダーを試してみたい

 

 

『ミートテンダー』とは、お肉の繊維を断ち切るための専用アイテムだそうです。

肉を貫通する串が歯のように並んでいて、ひと押しで一度に広い範囲の繊維を切ることができます。

「ジャガード」「ミートテンダライザー」「ミートソフター」などと呼ばれる商品も同様のものです。

ミートテンダーのいい所

  • 作業が楽になる

肉を叩いて柔らかくする場合は、繊維を壊すことで柔らかくするためある程度の強さで叩く必要があり、肉の量が多いと時間がかかり手も痛くなってしまいます。

その点ミートテンダーは力を入れなくてもすっと肉に通ります。音も静かですし作業もスマート、手も痛くなりません。

 

  • 肉が伸びない

肉が伸びたり、叩いた跡がついたりしません。

形崩れしないので料理の仕上がりがきれいです。

 

  • 肉が柔らかくなる

筋を切るだけでなく肉全体の繊維にまんべんなく刃を入れることができるので、肉を縮まなくするだけでなく、全体的に柔らかく仕上がります。

 

  • 火の通りが早くなる

肉の一部が縮んでしまうと火の通りにムラができ、余分に長く焼くことになってしまいます。

ミートテンダーで処理しておくことで、火の通りが均一になり、焼き過ぎを防げます。

 

  • 味が染み込みやすい

ミートテンダーで刃を入れた部分は、フォークで刺したように小さな穴があきます。

そのため、下味をつけるような調理の場合、味が染み込みやすくなります。

 

ミートテンダーで肉の下処理をすることで、メリットがたくさんあるんですね!

これは試してみたくなりました。

スポンサードリンク

さて、このミートテンダー、いったいどこで手に入れることができるのでしょうか?

ミートテンダーは100均にも売ってる?

目新しいアイテムが欲しいとき、まず探すのは100均です。あればラッキーですもんね!

さて、キッチン用品売り場をチェックしてみます。

お?これかな?針がたくさんついたアイテムが……。

『ネギカッター』!!

白ネギを白髪ネギにする時に使うアイテムでした。

これより大きいものはなさそうです。残念!肉叩きはあるのですが……。

ミートテンダーニトリに売ってるものとの違いは?

ネギカッターでも代用できそうではありますが、ひとまず保留にしてニトリにやってきました。

ありました!商品名は『お肉のスジ切り器』。そのままのネーミングです。

ネギカッターは歯が串状だったのに対し、こちらは熊手状といいますか、少し幅のある平らな刃が並んでいます。

 

ネギカッターとの一番の違いは、お肉を押さえる部品がついていることです。

押さえがバネで上下するようになっていて、グッと押すと刃がお肉に入り、力をゆるめると刃先が押さえと同じ高さまでひっこむようになっています。

お肉を手で押さえておかなくても、片手でさくさくパンチングできるようになっているんですね!

手を刺してしまう心配がなく、安全かつスピーディーに作業ができそうです。手が汚れないのもうれしいですね。

まとめ

 

お肉の筋切り専用のアイテム『ミートテンダー』。

お肉の筋が切れるのはもちろん、作業が楽になる・肉が伸びない・柔らかくなる、などメリットたくさんの便利アイテムであることが分かりました。

100均ではミートテンダーは見つけられませんでしたが、ネギカッターという商品で代用できるかもしれません。

ニトリで売られているミートテンダー『お肉のスジ切り器』は、バネで上下するお肉を押さえる部品がついていて、安全でスピーディーに筋切りができる商品でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*