手羽先のオーブン焼き!人気は塩?皮がパリパリのほったらかしレシピを大公開

ほったらかしレシピ大好き!ゆいです。

スポンサードリンク

あなたも好きですよね?ほったらかし(笑)
ほったらかしでご飯が出来るなんて、なんていいんでしょう(^^♪

そんな「ほったらかしシリーズ」始めます♪

今回は、手羽先のオーブン焼きです!

この記事では、
ほったらかしで出来る手羽先のオーブン焼きをご紹介しています。

ご飯を作りたくない。けど作らなくちゃいけない。

そんな時でもオーブンに並べれば出来ちゃう!
しかも簡単で美味しい!
子供たちも大好き!
な手羽先のオーブン焼き(塩味)のほったらかしレシピです。


手羽先のオーブン焼き我が家の人気は「塩味」

手羽先お好きですか?
昔名古屋に住んでいたことがあって、
その頃から手羽先は大好きでした。

名古屋で人気なのは、こしょうがたっぷりかかった
あの定番の甘辛味。

あれも大好きなんですけど
作る側としては、あのタレをからめるのがめんどくさい。
時があります(笑)

あとサッパリ食べたい時とか。

そういう時は、手羽先を塩でオーブン焼きにするんですけど
これが家族に大好評(^^♪

上の娘なんかは、タレよりもこっちがいい!といって
毎回塩味をリクエストされます。

塩味だといくらでも入るそうで、
普通のこしょうに、ブラックペッパーとたっぷりかけて
楽しんでいます。

夕飯が手羽先だと、テンション上がるらしく
「手羽先~♪」と喜んでくれます。
(手抜きのほったらかしレシピなのに)

手羽先のオーブン焼き!簡単なのに皮がパリパリに焼ける。その秘密は?

鶏肉って、皮がパリパリだと特に美味しく感じますよね。

でもフライパンで焼くと、最終的に盛り付けた時には
パリパリじゃなくなってるなんてことありますよね?

でもオーブンで焼いている時に、あることをすると
皮がパリパリに焼きあがるんです!

それは、

油をかけること!

かけたり、刷毛で塗ったりすることで
ほんとに皮パリの美味しい手羽先が出来るんですよ。

スポンサードリンク

油はなんでもいいです。
オリーブオイルでも、ごま油でも、サラダオイルでも。

ポイントは、パリパリになるまでかけて焼く。です。

手羽先のオーブン焼き ほったらかしレシピはコレ!

材料(4人分)
手羽先 好きなだけ(目安として16本)
塩コショウ
オリーブオイル
ブラックペッパー
作り方
①下ごしらえをします。火のとおりをよくするために、
手羽先の裏側に包丁でスジを入れます。

 

②塩コショウをまんべんなくまぶして、10分ほど置きます。
(時間がないときはすぐ焼いても大丈夫です)
③オーブンにクッキングシートを敷き
その上に、手羽先を皮を上にして並べて、オリーブオイルを塗ります。
(この時にじゃがいもやパプリカなどあれば一緒に並べても)
④250度で30分くらいに設定して、スイッチオン!
⑤程よい色がついてきたら、もう一度オイルを塗って
パリパリになるまで焼いてください。
⑥焼けたら出来上がり♪

途中でオイルを塗ることで、皮がパリパリになります。

まとめ

我が家で人気の、塩味の手羽先オーブン焼きをご紹介しました。

いつも甘辛味というお宅もたまには塩味も美味しいですよ。

皮をパリパリにしたければ、
途中、オイルをかけて焼けばさらにパリパリになります。

並べてオーブンに入れるだけなので、
その間に、ほかのこと出来ますし、

簡単なのにごちそう感がハンパないので家族も大喜びのメニューです♪

今回は手羽先でやりましたが、
普通の鶏肉でもできますし、手羽元とかでも美味しいです。

ほんとに簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。

スポンサードリンク